歌と踊りの宝庫スペイン!フラメンコの3本柱とは

歌と踊りの宝庫といわれるスペイン。こちらでは、フラメンコを生んだスペインという国についてご紹介します。また、フラメンコには欠かせない要素も併せてお伝えします。

フラメンコを生んだ「スペイン」

フラメンコを生んだ「スペイン」

スペインの風土について

“情熱の国”といえば、スペインをイメージする方は多くいらっしゃるでしょう。スペインが位置するのは、ヨーロッパ大陸南西のイベリア半島。肥沃な土地で、比較的気候にも恵まれています。大西洋と地中海に挟まれているスペインは、古代から絶えず領土争いに巻き込まれていた歴史があり、その時代の権力者たちが半島を駆け抜けていました。様々なドラマを経て、1492年に約800年にわたるイスラム支配が終わりを告げ、キリスト教、特にカトリックをベースとしたスペインが誕生しました。

スペインの歌と踊り

フラメンコが本格的に開花したのは、19世紀の頃です。それ以前にも、フラメンコのゆりかごとなる要素は数多くあったため、“歌と踊りの宝庫”ともいわれていました。民族舞踊の豊富さも際立っていたスペイン。高い跳躍と澄んだ歌比べが見せ場の「ホタ」をはじめ、素朴なものから洗練されたものまで幅広いバリエーションがある「ファンダンゴ」、丈の短い上着を着るのが特徴の「ボレロ」、セビジャーナスのベースにもなった「セギディーリャス」などが代表的な舞踊です。

フラメンコの3本柱

フラメンコの3本柱

「歌」「ギター」「踊り」の3本柱でフラメンコは成り立っています。時代とともに様々な要素が加わったとしても、この3つだけは外すことはできません。

歌:カンテ

カンテは、フラメンコならではの呼称です。フラメンコでは、歌い手やギタリストは踊り手の後ろにいるのが基本の配置です。歌い手やギタリストは、踊り手の背中や腰など身体から送られてくる気を瞬時に読み取り、それに反応して歌い、奏でます。

ギター:ギターラ・トーケ

歌に合わせてギターが曲を奏で、それに合わせて踊り手が躍るのがフラメンコです。歌・ギター・踊りの3つが結びあった時、一体感が生まれます。

踊り:バイレ

フラメンコは、何も持たずに身体だけで表現します。歌とギターとの掛け合いは、独特の緊迫感・高揚感があり、演者や観客ともに胸を高鳴らせる瞬間になります。

Sonia Johnesでは、衣装と身体の一体感や動くたびに美しく輝く光沢感を追求した、高品質なフラメンコ衣装を多数取り揃えています。踊りやすさと華やかさを兼ね備えた遊び心あるデザイン、旬な素材を組み合わせたフラメンコ衣装は、舞台で踊るあなたを美しく輝かせます。世界に一つしかない特別な衣装は、ぜひSonia Johnesでお求めください。ドレス、スカート、ブラウスの他、舞台に映えるアクセサリー類もご用意しています。

フラメンコ衣装ならSonia Johnes

会社名 有限会社ヒットクリエイション・ソニアジョーンズ事業部
営業所住所 〒422-8031 静岡県静岡市駿河区有明町4−15
TEL 054-280-2672
FAX 054-280-2673
URL http://soniajohnes.com/