セビージャ通信

2015.02.28 update

Miguel Ortega

イメージ画像

カンタオールのミゲル・オルテガが、2枚目のCD『Amalgama』を出し、

彼の地元のロス・パラシオ(トマトで有名なセビージャ郊外の村)で、

製作発表コンサートがあったので行ってきました。

アーチストが地元でやるというのは、本人の気の入り方も違って、

奇跡的なことを起こしてくれるケースが多々なので。

やっぱり思った通り行って大正解でした。

しかも今回のCDは、開けてびっくり、

ミゲル・オルテガにしてはモダン系なフラメンコで、

でも誰よりもフラメンコで、バックの音楽もびっくりメンバーでした。

私は普段からフラメンコの踊りを観に行っても、

ギターがサルバドール・グティエレだと、ガッツポーズというか、

当たり!と思うのですが、その彼がギター。

他にピアノとエレキベースで組んでいるのですが、

これがまた楽器そのものの美しい音色を生かしながらも、

打楽器的なカラーで上手くフラメンコに組ませたセンスの良さ。

フラメンコが地声なので、ギターという人間の声に近いこの楽器はカンテとマッチしても、

他の楽器と組むには音色、弾き方を考えないと、

カンテの声が汚く聞こえてくるようなマイナス要素にしかならなかったり、

危険が多いといつも思うのですが、

メンバーのフラメンコ加減がなんとも言えない調理の仕方で、

私は心が飛び跳ねました。

これは私の超勝手な意見ですが、

彼の歌を踊りこなせる(踊りで消化できる)のは、

イスラエル・ガルバンくらいじゃないかな~と思うような、

ミゲルの歌は十分踊ってると思うんです。

聴いてるだけで踊りが見えてしまうような。。。

彼のカンテ(歌声)は、世界遺産級の楽器として是非世で扱って欲しいと思うところです。

軽やかにこぶしの音階を歌い回し、

生身の身体を震わせて言葉まで発する楽器。

すごいです。

私が現在一番好きなカンタオールです。

このCDに興味のある方はソニアジョーンズへお問い合わせ下さい。

(国内でもその辺で普通には売っていないようなので)

 

Text /Mayumi Shimoyama

Copyright (C)2015 Sonia Johnes All Rights Reserved.

2015.02.18 update

Saray de Los Reyes

イメージ画像

サライがセビージャのテアトロで踊るというので見てきました。
 今年のソニアジョーンズカレンダー撮影以来の再会。
 海賊フラメンコになってもらってサライ一家を撮影したのが昨年10月末でしたが、
その時点でサライが「第二子がお腹にできたよ、、、」って言っていたので、
 今回それが気になりましたが、
ステージに現れたサライはびっくりぽっこりお腹の5ヶ月。
 隠しようもない妊婦のラインは遠くからでも判別できるほどです。
マタニティー用の、動きを制限した踊りにするのかな、、、、
と思えばとんでもございませんでした。
お腹はまるで関係なしと思われる迫力ある踊り。
 竜巻のような回転も含め、踏み鳴らす足も、
 身体をよじらせて回転してていいのかというよりも、
 物理的によく出来るなあ!と感心。
 振動が大丈夫なのかというレベルの話ではありませんね。
 縄跳びの二重跳びをし続けるよりも激しそうに思われますが。。。
かつ、
 熟成されているチーズとかワインとかそういう感じで、
 深みがどんどん出てきているようです。
いくら何でももうこれでしばらく休憩でしょ、、、
と思えば、「へレスのフェスティバル、マヌエラ・カラスコのステージで、21日踊る!」
のだそうです。
 若手アーチストがそれぞれ捧げる先輩フラメンコの顔写真をバックに、
 今回組まれた私の観たこのステージで、
サライの踊りの背後に大きく映された顔写真は、そのマヌエラ・カラスコでした。
ちょうどカラスコさまも私の近くの座席でこの舞台を観にいらしてました。
 少し前にマヌエラ・カラスコが踊った中で闘牛士の動きを、仕留めまで組み入れていた
彼女の踊りのその部分を鮮明に覚えていますが、
 今回のサライの踊りの中でそれが再現されていました。
あの超スローな動きには間延びしたものが一切なく、
 震えて緊張した重さと深みある真剣勝負な動き。
やっぱりセビジャーナであり、アンダルサであり、アルティスタである!というのを
 しみじみ感じさせられたのでした。
そして、、、
 妊婦の観念が一掃されました。そういえばサライが前に言ってました。
 「自分のことは自分が一番よく知ってる」と。
なので撮影の時にもサライに限っては、
メイクさんじゃなくてサライは自分でアレンジします。
 自分を可愛がって、自分を大切にしたいですよね。
 日本のマタニティフラメンコは真似しないで下さいね。
サライは特別ですから。
21日のへレスで、また踊るそうですから、このあたりにいらっしゃる方は是非。
 今を大切に素敵に彼女が生きてるのが見えます。

Text /Mayumi Shimoyama
 Copyright (C)2015 Sonia Johnes All Rights Reserved.

2015.02.18 update

カレンダー撮影!

イメージ画像

2014.12.1掲載

あっという間に、またソニアジョーンズのカレンダーの製作。
 最終撮影を終えて、印刷に入ろうとしている段階まできています。
 数年続いたパリからの写真家から、
 地元の写真家に変えて新しいタッチにしてみたのが今年2014年のカレンダーでした。

さすが、マチョ・イベリコのセビージャ人カメラマン!
 今年のカレンダーのブランコ、
こちらからアイデアを出すと、
 板とロープでお手製ブランコを作って、
 野原の木にぶら下げて唯一のものを作ってくれたのも、
カメラマンとそのスタッフの地元男性たちでした。

おっ、任せて大丈夫そうだ!とその後を任せたら、
 知らぬ間にモデルのスカートが、、、
 「ハイ、ちょっとまくり上げて~!」
ちょっと上半身脱いでセクシーにセミヌードとか。。。。

ソニアジョーンズのカレンダーをゲットする日本人フラメンカたちには、
 刺激の強いものが入り込んでいたので、
これは最初で最後にしますので!

 来年用の、昨日最終撮影を終えたカレンダーは、
キュートでエレガントで楽しい、そしてフラメンコで!
 飾って元気が出てくる御守りのようなカレンダーに仕上げてもらいました。

スカートをちょっとまくりあげる指示の時には、
 「ダメダメ!下ろして!」と隣で即却下しました。(笑)
まだお楽しみということで公表できませんが、
 私のスナップ写真から、少しだけお披露目を。

 特別友情出演で、とってもフラメンコな男性たちも参加してくれてます!
どのようにゲットできるのかは、
 近々発表されることでしょう。
お見逃しなく!

Text /Mayumi Shimoyama
 Copyright (C)2014 Sonia Johnes All Rights Reserved.