セビージャ通信

2015.05.01 update

Feria☆2015(その6)

イメージ画像

2008年から経済危機と言われ続けているスペインはまだ進行形。

今年のセビージャのフェリアには市役所からの弱者へのいたわりがありました。

新しく試みたことがいくつかありました。

まず、14500人の市民に、

フェリアのカセタ内の飲食を招待するインビテーションが配られました。

その招待券を持って地区(市役所直系町内会とでも言いましょうか)

が運営する公共のカセタ内で、

定食セットを頂くことができるというもので、

家庭内暴力に苦しんでる人、家計が貧しくて補助を受けてる人、

病状が深刻な人などが対象となり、

赤十字が任されて配付したようです。

あなたはどんな弱者ですか、、、みたいな、

内輪の不幸比べの眼差しが想像され、

日本内なら素直に喜べないものがあるかもしれませんが、

そういうのは超ポジティブ思考人間集合のセビージャですから心配無用。

素直に喜んで受け取り、フェリアを楽しんだようです。

 

そして、65歳以上の人は、

公共のカセタ内での飲食が半額!という新しいシステムが導入されました。

でもこれは、おじいちゃんが孫の飲みものを買ってあげるとか、

そういうのはダメで、あくまでも本人の飲食のみ適応とのこと。

 

他にも、入院中でフェリアに出かけられない子供達のために、

公立病院内にカセタを設けた、というニュースもあったり、

フェリアに出かけられない人たちを守ろうとする心温まるニュースが

色々とありました。

 

今日はフェリアの雰囲気をどうぞ。

Text /Mayumi Shimoyama

Copyright (C)2015 Sonia Johnes All Rights Reserved.