セビージャ通信

2017.11.17 update

ADELA CAMPALLO&EL CHORO

イメージ画像
毎年恒例のソニアジョーンズ・カレンダー、 昨年に続き今回もタブラオ・ガルロチとコラボです。 12月来日のアデラ・カンパージョを舞台より先にカレンダーでご覧いただけます。 アデラのデザインした衣装、彼女の選んだセビージャのお気に入りの場所で、彼女のこだわりたっぷりで撮影しました。
アデラ15歳の時、 当時タブラオが「エルフラメンコ」だった時代の半年間、ステージに立った時以来、日本のタブラオ出演は25年ぶりです。 アデラ・カンパージョの研ぎ澄まされた最高な今の踊りからは想像のつかない、彼女の人生の軌跡を彼女自ら、ふとした世間話で語ってくれました。 2005年、車に乗っていたアデラ、交通事故に遭いました。被害者でした。 事故としては大きなものではなかったのですが、 手足が麻痺し、コップを持つこともできず、腕も上がらず、階段すら登れない、足も上がらない状態になりました。 医者もよくわからず、重要視もされず、5ヶ月後に出会えた医者が彼女を救いました。 事故で痛めた首が脊髄に影響しているため、 首の手術をすることになったのですが、場合によっては全身不随となって、踊れなくなるどころか起き上がることすらできなくなるかもしれないという宣告を受けた、崖っぷちに立たされたような手術前の日々。 この時の自分の心の状態を書き綴ったものを大切に保管してあるそうです。 手術は成功しましたが、42日間石膏のコルセットで首を固められ、アデラの首には3か所の手術痕があり、首にはチタンの板が入っています。 今も、そして生涯ずっと。 首のコルセットを外してから、踊れないアデラをステージに引っ張って、踊りの世界に戻らせてくれたのがアントニオ・カナーレス巨匠だったそうです。 できる範囲内の踊りで舞台に立たせてくれたのでした。しばらく回転もできませんでした。吐いてしまうのです。ステージの袖に行っては吐いてました。三半規管もダメージ。今でも大きすぎる音は水中にいるような感じで聞こえます。 動きでも、首を後ろに反り返らせて回転できないとか、この事故が原因で、物理的にできないと制限される体制も幾つかあります。 その代わりに他の多くのことを自ら学んだとアデラは言います。 できなければ他の表現の仕方を探す。 自分の踊りの世界が広がった!!!! 20代後半、事故に遭ったことでアデラの人生全てが変わりました。 身体の筋肉を常に緊張させていないと身体中に痛みが走る、、、 つまり、常に踊っていないといけない状態で、踊る、踊る、踊り続ける人生。 事故の3年後、自分の身体はどんどん衰退していくのかもしれない、、、 と、不安を感じ決意し、2児の母になりました。 これがまた事故を超えるアデラの大転機になったそうです。 自分の中で事故なんかほんの小さな事実になってしまい、彼女の中の人生の最大の事件は母になったこと。踊りにおいてもそうで、本能的な女性の持つ特色なのか、察する感覚が研ぎ澄まされ、自分の踊りの中にも入り込み、大地を踏みしめ、土の香りを感じ、味わいながら、Sentimiento,心、この聖なる感覚がビンビンに稼働して、フラメンコを今踊るのだそうです。 メキシコの公演のために赤ん坊だった子供をスペインに残してきたアデラに、 子供に何か起きている!!!!!と言う虫の予感が走り、 国際電話で呼吸困難に陥ってる状態の息子に気づいたこともあるそうです。 母の偉大な直感なのかもね、とアデラは気さくに話しますが、今ではこの子供たちが中心となって幸せに生きることが自分の人生であり、そう簡単に長期で日本にも来ることができない、、、ということで、今回の25年ぶりのアデラのガルロチ来日が決定しました。 ここに記した事故の後遺症の事実、 これを知ってアデラの踊りを見たら、皆さんがどうなってしまうのか、、、、 いいのかなあ???観客の心臓に悪いかな?嗚咽に成っちゃうかなあ? と心配にも思いますが、みんなで泣いてしまえば大丈夫。 何も知らずに私もスペイン内でアデラ・カンパージョの踊りを見てきていますが、 ま、まさか、、、 と私自身も今自分で思えます。 日本人は算数得意だし、15歳の時以来の25年ぶり来日と書いたら、25+15で、40歳だ、ってみんなにわかっちゃうけどいいの?と本人に確認したところ、 「私は私、隠すことなんて何もない。今のこの私を見て欲しい」と直球の返事でした。 アデラ・カンパージョ。必見です。本当。 (書き忘れましたが、ラファエル・カンパージョの妹です。)お見逃しなく!!!! Text/Mayumi Shimoyama Copyright (C)2017 Sonia Johnes All Rights Reserved.

2017.11.08 update

PASTORA&JOSE GALVÁN

イメージ画像
11月になってセビージャも突然肌寒くなってきました。今年も残すところ、わずか。。。 ソニアジョーンズとタブラオ「ガルロチ」のお客様への感謝への気持ちをたっぷり込めた、フラメンコな2018年カレンダー、 来週からガルロチの舞台に立つパストーラ・ガルバンもモデルとなってカレンダーに登場します。
今回のガルロチのステージ用に、セビージャのソニアジョーンズ工房にて、パストーラ3着衣装を新調しました。 パストーラ自らが生地屋で選んだ生地で、衣装の装飾の隅々まで全てパストーラがデザインした、出来立てホヤホヤ衣装。 どこでカレンダー用に撮影するかパストーラに相談してみると、直球で即答。 アラメダのマノロ・カラコルと撮りたい!!!!! と。 その隣にはラ・ニーニャ・デ・ロス・ペイネスがいます。 カンタオールとカンタオーラ、巨匠2人の銅像と一緒に!!! と希望でした。 今回ガルロチのステージに一緒に立つ父、 バイラオールのホセ・ガルバンとの父娘ペアルック衣装も父が生地を選び、その生地でパストーラがデザインしました。 フラメンコの髪飾りといえば、花、ペイネタなどですが、パストーラがデザインした、また別の衣装では、緑に黒水玉のエレガントなシルエットデザインに合わせ、黒いトカードを用意してほしい!とパストーラから要請。 しかもそこに、黒のマドローニョー(ポンポン)をぶら下げて、黒のレースで飾りたい、と。創作力100%。踊りだけでなく衣装でも。 トカードというのは、こちらの女性たちが結婚式に参列するときにつける髪飾りです。 女性の盛装に使用し、帽子ではなく帽子風な羽などをつけた髪飾りといいましょうか。。。 今回のパストーラの衣装のときにセットで使う予定ですが、踊るときに邪魔にならないか吟味して、タブラオで踊るときにもつけてみようかな?と考えてるようです。 パストーラ、何をやってもフラメンコ。 先週末、ウトレラ(セビージャ村)の劇場にて、 司会者がこれから踊るパストーラを、 「彼女なら何をやっても良い。どう踊っても良い。彼女がやれば全てフラメンコ。 目を閉じていても魂に届く踊り、パストーラ・ガルバン!!!!」と紹介していました。 10代で、セビージャのコンセルバトリオ(公立舞踊学院)を卒業していますから、カスタネット、クラシコエスパニョール、バレエ、全部こなした上に、今のパストーラが出来上がっています。 なので踊りのレパートリーもオールマイティーなので、マヌエラ・カラスコ風に踊ることもできれば、マティルデ・コラル風に踊ることもでき、 トリアナのおばちゃん風でお願いします、と頼めばそれも最高に楽しく踊れます。 全て自分の中で消化させ、パストーラとなって出てくる。久しぶりの日本でパストーラ節、どんなタッチで出てくるのか楽しみですね。 丈の短いおばちゃん風衣装、新調してます今回。 パストーラの大好きな色、ピンクで。 パストーラが選んだピンク系生地を全部組み合わせて、可愛く楽しい衣装ができてます。 タブラオ「ガルロチ」オープン前からこのパストーラの来日が決まっていました。 父ホセ・ガルバンただいま70歳。一緒に踊る踊りも楽しみですね。 最後にホセが日本で踊った劇場で、自分に対する拍手が3分間続いたことが感動し忘れられず、日本人に対する自分の深い尊敬心を熱く語っていました。 パストーラとガルロチの話を煮詰めた2016年の夏、付き添いで来た父が「僕が長期で行きたいのに、、、」と隣でつぶやくのを何度も横目で見ながら、最後に、「もー、じゃあ私と行く?」とパストーラが苦笑いで父をパートナーとして誘ったのでした。 久々の父娘共演、ぜひお楽しみあれ。 Text & Photo /Mayumi Shimoyama Copyright (C)2017 Sonia Johnes All Rights Reserved.