セビージャ通信

2018.06.30 update

EL JUNCO & SUSANA CASAS Group

イメージ画像
本当の名前、Juan Jose Jaen , 芸名 el Junco, Japon に出発しました。Jが5個! 5J !!!! といえば知る人ぞ知るアンダルシアの最高生ハムですしね。 イベリコの貴公子が日本に上陸! 7月1日からTablao Flamenco Garlochí-ガルロチです。 どうしても私にはキャンディキャンディのアンソニーが被ります。あと西城秀樹も。。。 どこかそんな雰囲気を漂わせながらも超フラメンコで優美な姿。スターです。 ねじり鉢巻きにハッピー姿も似合いそうな。。。 スペイン語のアンダルシア弁だけれど、そういえば喋りもお寿司屋さんっぽい。 でもフラメンコ。 彼は生活が常にコンパスで、電話するのも、 会話するのも、食事するのも、ドア叩くのも、コンパスのうち。 だから、エル・フンコのステージはいつも楽しくて、 色々な角度から観客を楽しませてくれます。 今回は、プライベートでもパートナーの、 スサーナ・カサスがステージでもパートナーです。 彼女もこれまたべっぴんさんなので、 セビージャの粋な女性です。正当でマイナス要素を持たない上品なカルメンとでも表現しましょうか、、、 (魅力的なという意味です) このカップルのステージは、日本で観るのはそう簡単ではありません。 生活、家族を重視ですからね。 2児の母はスペインの学校の夏休みを利用して、 ガルロチに35日間滞在です。 夫婦でお揃いの衣装も用意しました。 スサーナのデザインです。 母さんはエプロン大事です。そんな家庭的な部分を見せる衣装と、 あともう1着はお好きなペーズリー柄も。 フンコには水玉で。 フンコとスサーナのプログラム、ABCの3種なんて、、、と、 本人たちはアルファベットのZまで作りたかったのですが、 それだとお客様が選ぶのに困る?ということで、ABCの3プログラムです。 Cは即興の日なので、個人的にフンコに直接リクエスト言ってくだされば、可能な限りでフンコとスサーナで、受け入れてくれるそうですよ。 楽しいフンコとスサーナのステージ、素敵な夏の思い出になりそうですね。
Text/Mayumi Shimoyama Copyright (C)2018 Sonia Johnes All Rights Reserved.