Feria☆2015(その5)

2015.04.29

Feria リポート!!(その5)

お祭りとパーティーにしかネクタイ締めたスーツの男性姿を見ないセビージャ。

サラリーマンという特殊な日本語の語源を遡ると、

高級品であり生活に貴重なsal(塩)を買うための俸給『サラリー』の、

ローマ時代まで戻ることができます。

「ごく普通のサラリーマン」なんていう言葉が日本では成立可能ですが、

ここでは訳しようもなく当てはまらないので。

こちらの人たち目線で言えば「日本のそれ、普通じゃないでしょ!」ですネ。笑

セビージャ人たちも色々なスタイルで働いでますけどね、スーツを着ずに。

全ての仕事が休みになり、フェリア会場に足を運ばせ、

会場内に暗い人は来ていませんから。

自分の意思でやってきて、場内全員陽気で笑っているポジティブパワー。

そんな年に数回しか盛装しない男性陣にクローズアップ!

ということで、今回は殿方を選んでみました。

と言っても必ず女子も写ってますけど。笑

男性は、カップルの場合、

女性の衣装のカラーに合わせたネクタイを用意します。

そして、帽子コルドベスはフェリア男性を飾る重要なアイテムです。

女性のマントンシージョの裏ワザをひとつ紹介します。

四角のマントンを折り紙で三角に折るみたいに、二つ折りする際、

ちゃんと折れずにズレちゃった子供みたいに折れ線をずらして、

マントンシージョとして使うと、2段のフレコになってお洒落にイケます。

来店予約
オンライン
ショップ
メルマガ